ゲーム

NEOGEO mini 通販の在庫チェックならこちら!最安値紹介

私は30代後半ですが思春期の頃の学生時代に大きな盛り上がりを見せた、格闘ゲームであります。
当時は、いたる所にゲームセンターがあり、また、個人で人気にあやかるような形で、ゲーセンを経営する方もおられました。

特に私が印象的でしたのは、駄菓子屋さんに、NEOGEOの小さな筐体が外に置いてある店舗があると言う形でありました。
ここで、学校帰りに友達達や部活の仲間とやるようなことが非常にありまして、また、友達の家でもごくまれに富裕層の方で、一本3万円~5万円ていどするNEOGEOのソフトを持たれている方がいました。
しかし、そのソフトは一般庶民にとっては、到底手の届かないソフトであり、友達が多く詰めかける家で指をくわえながら見ていると言うこともよくありました。
また、小学校中学年、高学年と格闘ゲーム人気は爆発する形で、一番盛り上がりを見せましたのは、1990年代後半でありました。
その時には、ゲームセンターでは、長蛇の列でいつも、人気で対戦の順番が回ってこないと言うこともよくありました。そこから2000年代に突入して、格闘ゲームブームが収束を迎える形になり、一人、また、一人と格闘ゲームを去る者が多くなってくる形でありました。そして、いつしかゲームセンター自体も潰れて行く形になり、気が付けば格闘ゲームブームは完全に収束すると言う形になっておりました。そこから約20年が経過する形で、あの頃の長蛇の列で賑わっていたSNKのアーケードゲームがコンパクトサイズになってしかも価格は1万円台という形で戻ってきた瞬間には悦びを隠し切れない状況でありました。
あの頃に一緒になって熱中した友達達と、の思い出に浸りながら、長蛇の列をかいくぐってやっとできた人気のゲームをコンパクトサイズでしかも30タイトル以上による怒涛の人気シリーズの構成で非常に燃え上がるような形になりました。今では、家族で楽しみながら当時の熱狂した思い出に浸っております。